茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 「あっ、と思ったときにはもう遅い。痛くて動けない。」~辛いぎっくり腰~

「あっ、と思ったときにはもう遅い。痛くて動けない。」~辛いぎっくり腰~

ぎっくり腰 に対する画像結果

ソース画像を表示

そろそろ、ギックリ腰の季節です。

みなさん、朝晩の冷え込みと日中の暖かさのギャップに対応できていますか?

紅葉も深まりいい季節ではありますが、この寒暖差が私たちの身体には大きく影響してきます。

特に、ギックリ腰(急性腰痛)を起こす方々が増えております。

ホントの原因はよくわかっておりませんが、季節の変わり目の今の時期多くいらっしゃるのは、

確かです。

そして、一度起こした方々の約四分の一は、一年以内に再発し、ケアを怠ると再発を繰り返し、

慢性化していきます。

多くの方々は、ちょっとした動作でギックリ腰を起こしてしまい、数日間痛くて動けず、

ひどくなると一週間、中には数か月痛みが取れなかったりなんてこともあります。

ではどうしたらよいのか?

まず、横になって楽な姿勢をとれるか?

動かなくても強い痛みがあれば、それは重い病気が隠れているかもしれないので、

すぐに病院へ行って頂く必要があります。

次に、動くと痛いという場合にどういう動作で痛むか?

かがむ時なのか、体をそらす時はどうか?

足を上げるときはどうか?

痛むところははっきりしているか?

足にしびれはあるか?

それによって、問題が骨なのか、筋肉なのかなどを判断していきます。

また、対処法として、冷やすのか、温めるのか、シップを貼るなら冷シップ?温シップ?

なかなか皆さん判断に迷うことも多いでしょう。

自己判断せず、行けるのであれば、まずは病院の整形外科へ行くとよいと思いますが、

はり灸院にお越し頂くのもいいと思います。

急性腰痛(ギックリ腰)であれば、早く痛みを和らげることができます。

また、すでにたびたびギックリ腰を起こしている方は、予防対策として、とても効果的です。

ぜひ、ギクッとやる前に、ご来院下さい。

その他、なかなか治らない慢性腰痛にも「はり灸」を試してみて下さい。

                                   院長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

PAGETOP