茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 教えて!「尿トラブルについて。」

教えて!「尿トラブルについて。」

「夜中に何度もトイレへ・・・。」

「急にトイレへ行きたくなる・・・。」

「おしっこの出が悪い・・・。」

「おしっこが残っている感じ・・・。」

年齢と共に、出てきますよね。トイレの悩み。

~前立腺肥大症について~

前立腺は膀胱の下にあって、主に精液の一部の分泌と排尿の調節をしています。

この前立腺が肥大して様々な症状が起きてきます。

1、頻尿や失禁などの蓄尿症状

2、出にくい、出づらいなどの排尿症状

3、残尿や漏れ残るなどの排尿後症状

4、出ない(尿閉)

放っておくと膀胱炎や腎炎などを起こしたり、腎不全などの重篤な病気にも

なりうるので、まずは、病院での適切な治療が必要です。

検査は、質問票と問診から始まり、尿検査、残尿検査、超音波検査

尿流量検査、膀胱鏡、MRI検査など症状によって行われます。

PSAという癌を調べる検査もありますが、がんや前立腺肥大だけでなく、

長時間のサイクリングや射精でも値が上昇します。

前立腺肥大の治療は、薬物療法と手術療法とありますが、

蓄尿(ポラキス、バップフォー、ベシケア、ウリトス、トビエース、ベタニス、スピロペントなど)

排尿(ハルナール、アビショット、ユリーフ、ザルティア、プロスタール、パーセリンなど)

他、生薬や漢方薬なども。

手術としては、

経尿道的バイポーラ電極前立腺核出術(TUBE)、ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)などが

おもに尿閉に対して行われます。

そして、手術が適用となるものは別として、薬を服用しながら、生活習慣の見直しと骨盤底筋の強化、

ストレスの軽減等も重要なことですので、併せてはり灸も受けて頂くといいと思います。

是非ご相談下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGETOP