茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 新型コロナワクチン副反応には「はり灸」を。 実践編

新型コロナワクチン副反応には「はり灸」を。 実践編

新型コロナワクチン副反応 イラスト に対する画像結果

新型コロナワクチン副反応 イラスト に対する画像結果

みなさん、もうコロナワクチンは打ちましたか?

やはり心配なのは、副反応ではないでしょうか?

数日たてば、消えるとはいわれるものの、できれば辛いおもいは

したくないでしょう。

私も、昨日2回目の接種を終えました。

接種後だんだんと体に吸収されていくのが、わかったので、

夜に、念のためはりとお灸をして、就寝しました。

使ったツボは、

肩の痛みと免疫に関係が深い腸のツボ「合谷」(ごうこく)

血のめぐりを良くし、痛みのツボといわれる「三陰交」(さんいんこう)

にはりをして、

胃腸のツボであり、全身の体の調整をしてくれるオールマイティ-なツボ「足三里」(あしさんり)

免疫のかなめであり、生命力に関係する「太谿」(たいけい)

にお灸をしました。

無事、夜は問題なく眠れて、翌日の今日も、朝は、37℃くらいの体温はありましたが、

少しだるい程度で済み、食事も普通にとれて、仕事も無事こなせました。

今、デルタやラムダという変異型が猛威をふるっていますが、まずは、二回ワクチン接種をクリアしたので、

あとは、感染対策を引き続き徹底して、「はり灸」で免疫力を高めたいと思います。

合谷(ごうこく)

三陰交(さんいんこう)

足三里(あしさんり)

太谿(たいけい)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGETOP