茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • しつこい「首、肩のこり」、「頭痛」。それって、もしかするとあごの関節が原因?!

しつこい「首、肩のこり」、「頭痛」。それって、もしかするとあごの関節が原因?!

「高橋真麻さん、顎関節症の症状に悩み『痛そう』『お大事に』の声」という記事が、

「ABEMAタイムス」の公式サイトに掲載されています。(ABEMAタイムス 2022.1.22)

顎関節症は、文字通りあごの関節に痛みがあったり、あごを動かしたときに音がしたり、

または口を開けにくい、開けるときに痛みがある、といった症状になる病気です。

ひどい場合は手術が必要になりますが、あごの関節に負担がかからないようなケアが必要なんですね。

とはいっても、毎回の食事の際には、あごの関節に負担がかかりますから、なかなかやっかいなものです。

そして、あごの痛みとしては、そんなにひどくなくても、あごの関節に問題があることで、

「首こりや肩こり」、慢性的な頭痛に悩まされることがあります。

医学系の教科書には、「20代の女性に多い」と書かれていることが多いですが、

男女ともに、または年齢に限らず、よくみられる症状です。

 今回のこの記事では、フリーアナウンサーの高橋真麻さんがご自身のブログにて

顎関節症の症状に悩む様子をつづったようですね。

その一部を下記に引用させていただきます。

 この日、高橋は「顎関節症」というタイトルでブログを更新し「顎の調子が悪い」「それに引っ張られて首も痛くて」と説明。「セルフ置き鍼」と顎や首に置き鍼を貼った様子を公開し「鍼治療にも通っています」と補足した。

 その後、更新したブログでは「夕方から娘がぐずり続けていて」と娘の様子を明かし「わたくし、夕食もきちんと食べられず」と説明。「寝かしつけて一緒に寝落ちしてしまい 今私だけ起きました」と報告した。

今回の記事の詳細については、「ABEMAタイムス」のサイトをご参照ください。

◆ABEMAタイムス – 高橋真麻さん、顎関節症の症状に悩み「痛そう」「お大事に」の声
https://times.abema.tv/articles/-/10012404

 
maasa01a
(画像はABEMAタイムスより引用)

実際にお辛い症状としては、あごの関節のようですが、その影響で首の痛みもあるようですね。

そして、鍼灸治療にも通っていらっしゃるようで、シールのタイプの鍼、つまり「置き鍼」を

お顔や首に貼った写真が掲載されています。

置き鍼をすることで、あごの関節まわりや首まわりの血流を改善して、

痛みを和らげることを目的にしているのだと思います。

鍼灸治療の現場では、実際に顎関節症を訴える患者さんは多いですし、いろいろな不調の原因と

なっていることに気付かない方も多くいらっしゃいます。

原因としては、あごの関節への物理的な負荷ももちろんありますが、

増悪因子としては「ストレス」などもかなり影響しているようです。

ストレスによる身体の緊張を緩和させるために、鍼灸治療が使われるケースはやはり多いのだそうです。

また、食事が柔らかいものが多く、麺類などあまり噛まずに済んでしまう食事が増えてしまう傾向で、

あごの発達が弱くなっていることも大きいでしょう。

見た目には、あごがシャープになり、小顔になって良いと思われがちですが、別の形できちんと小顔は作れますから、

「歯は命、あごは大事」

心配な方は、ぜひご相談下さい。

                              院 長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

PAGETOP