茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • グジュグジュ、クシャクシャ、そろそろ、始まってます。「花粉症シーズン到来!」

グジュグジュ、クシャクシャ、そろそろ、始まってます。「花粉症シーズン到来!」

ソース画像を表示

 

朝晩はまだまだ寒いものの、昼間はだいぶ暖かくなってきました。いよいよ花粉症シーズンが本格的に到来です。このコロナ禍では、人前で「くしゃみや鼻水」があると肩身が狭い。花粉症なのか、新型コロナウイルス感染なのか?熱はないけど・・・。もし、陽性だったらどうしよう・・・。

花粉症の人もそうでない人も実際に気になるのが、くしゃみや鼻水などの症状が、花粉症によるものか、コロナ由来なのかでしょう。

最初の頃の新型コロナウイルスは嗅覚障害や味覚障害など特徴的な症状があったが、オミクロン株にはそれらがない。オミクロン株の症状は、イギリスのデータによれば、くしゃみが60%、鼻水が73%と言われており、症状からだけでは判別しづらい。オミクロン株感染者の過半数が自覚する倦怠感も、花粉症でも半数近くの人に自覚症状がある。

一方、目のかゆみや充血などの症状は、花粉症にはあるがオミクロン株にはほぼない。また、オミクロン株にある発熱は花粉症にはほぼない。ただ、「目の症状があるから、花粉症で間違いない」ということはないし、花粉症でありコロナ陽性でもある、花粉症でコロナは感染しているが無症状、といった可能性があります。日本の専門医学学会のコロナ対策をされている専門家の先生方もなかなか判断が難しく「発熱、せき、全身症状も見られたデルタ株と異なり、オミクロン株はより鼻や喉の症状に限局していて、花粉症を普段診る医師でも今年は一層判断がつきづらい。例年花粉症の症状がある人は、いつもの症状と違った点はないかをチェックし、疑わしい場合はPCR検査や抗原定性検査で確認すべきです」とおっしゃっている。

花粉症の症状であるくしゃみや鼻水が、周囲に不安を与えることはもちろんあるし、コロナにかかっているとも気づかず花粉症だと思い込んでいるうちに、周囲に感染を広げてしまうことも。

「コロナ禍の花粉症対策として重要なのは、花粉症の症状が出る前、または軽いうちに、花粉症の治療を受けることです。花粉症の症状で鼻や目を頻繁(ひんぱん)にこすると、粘膜を介してウイルスに感染しやすくなります。くしゃみは1回当たりせきの10倍以上、万単位の飛沫を拡散します。マスクを通り抜ける飛沫もあるので、花粉症がひどい時にコロナに感染すると、くしゃみでウイルスを拡散する恐れがあります」

まずは、病院を受診し、コロナ感染がないか診てもらい、花粉症だとわかったら、最近では、薬の効果が24時間持続する貼り薬も処方してもらえるらしい。また、自宅や職場では、加湿空気清浄機、布団クリーナー、布団乾燥機、花粉対策用の4層構造マスク、花粉侵入を防ぐ眼鏡、布製品の花粉をまとめて固めるスプレー、花粉を寄せ付けないスプレーなどなど、対策はいくらでも出てきます。

感染対策にもなる換気は、窓にカーテンや網戸をしたまま行うといい。花粉が室内に侵入するのを減らすことができる。花粉は部屋の隅にたまりやすいから、こまめに掃除もする。

また、マスクをしていると、くしゃみや鼻かみの飛沫は後方に飛ぶので、できれば後方に人がいないところですること。手にはウイルスが付着している可能性があるので、手洗いうがいを忘れずに。だてメガネをかけてもいいと思います。花粉やウイルスが直接目に入りにくくなり、かつ目を触りにくくなります。

そして、最後にお伝えしたいのは、今紹介したものは、対処療法であって、コロナ過においての対策です。

一番は、花粉症など、今、増え続けるアレルギー症状を治まらせる体質改善・免疫の過剰反応を鎮めることです。

なかなか、簡単にはいきませんが、体のバランス改善、微調整を得意とする「はり灸」をぜひ併用してみて下さい。

ウイルスにもアレルギー症状にも負けない身体づくりを目指しましょう!

ぜひ、一度ご相談下さい。

                              院 長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

PAGETOP