茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 見逃してませんか?カラダの不調のサイン!

見逃してませんか?カラダの不調のサイン!

お彼岸も過ぎて、ようやく秋めいて清々しい季節になると思いきや、次々と来る台風の

影響で、30度を超える暑さの残る日もあり、そして、朝晩は冷たい風に変わっております。

こうして、一日一日季節は変わっていくのですが、人間のカラダはなかなか対応できないのが現実です。

気圧により自律神経が乱れ、食欲不振や睡眠不足、めまいや立ちくらみ、頭がスッキリしない、微熱が続く。

足が重くだるい、むくむ、風邪のような症状があるなど、様々な不調を起こします。

また、それを助長してしまうのが、空調慣れ、冷たい飲み物やアイスクリーム、果物を取ることが多く、

入浴時はシャワーのみ、不規則な生活などです。

そのうちに、慣れるだろうと思うとそうではなく、長引くとうつ病や感染症にかかりやすくなり、

不調を抱えたまま過ごすことになってしまいます。

そこで、秋バテを解消するためのコツは、季節に順応する準備を怠らないことです。

よく皆さん、何月になったからと、暦の月を気にしますが、もっとよく気にしてみて下さい。

二十四節気では、

白露・・・夜中に大気が冷え、草木に朝露が宿り始める頃

秋分・・・昼と夜の長さが同じになり、太陽が真東から昇り真西に沈む 彼岸

寒露・・・夜が長くなり、露が冷たく感じ、朝晩の冷え込みがきつくなる

霜降・・・山や北国では、露が霜に変わり降りはじめる

つまり、季節の移り変わり、自然の変化に目を向けることが必要です。

そして、養生(予防)です。

カラダを温め、免疫力をつけ、自律神経を整えましょう!

その一つに、はり灸を取り入れてみて下さい。きっと、役に立つと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGETOP