茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ

不眠におすすめアロマ

こんにちは。ゆうみです。

今日も素晴らしい秋晴れで、空気も気持ちいいですね

しかし、秋は過ごしやすい季節の半面、体調を崩しやすい季節でもあります。

天候が変わりやすく昼と夜の気温差も激しいので、体がバランスを崩し自律神経も乱れがちになります。

すると、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの不眠の症状や、便秘、頭痛、起きるのが辛い、気分の浮き沈みがあるなど、様々な症状が出てきます。

当院にも最近になって体調を崩したという方が多くいらっしゃいます。

なかでも、眠りが浅くて寝た気がしない、不眠で悩んでるというお話をよくお聞きします。

以前私自身も経験し辛い思いをしました(>_<)

そこで今回は、不眠によい効果を発揮してくれるアロマについて紹介したいと思います。

ネロリ、ラベンダー、カモミールローマン、イランイラン、マンダリンなど神経を鎮めリラックス効果のある精油があります。他にもブレンドすることで、お互いの効果を引き出し不眠により良く働いてくれるブレンドもあります。

私が特に効果を感じたブレンドは、

ネロリ+フランキンセンス(乳香)+ラベンダー+ベルガモット

でした。

ネロリはビターオレンジの花で華やかで優しい香りがして、緊張を解き心を落ち着かせます。フランキンセンスは樹脂からとれます。ストレスにとても良い精油で古代では神聖な儀式に使われました。ストレスが多く、眠りが浅い方にはネロリ+フランキンセンスの香りをお渡しすると「とてもいい香り」とおっしゃって頂けることが多いです。ラベンダーはリラックス効果が高いと有名ですよね。血圧を下げる効果もあり眠りを誘います。ベルガモットは柑橘類で紅茶のアールグレイの香りです。私はアールグレイティーが大好きなのでマンダリンよりも好みだったんだと思います。

このように、好みの香りをブレンドすることが大切です。好きな香りということは、それを体が欲しているということでもあるんです。

上記のブレンドでトリートメントを受けたり、自宅ではお風呂に入れたり、寝室に香らせたりしていました。すぐに効果が出たという訳ではありませんが、少しずつ体がリラックスすることを覚えていきました。

また、好みや体質によって上記のブレンドよりも合う精油は人それぞれです。

ネロリよりもカモミールローマン、フランキンセンスよりもイランイランの方が良いという場合もあります。ペパーミントで眠れたという方もいらっしゃいます。

ぜひ、自分に合った精油を探してみてはいかがでしょうか。

また、失眠という不眠のツボを刺激するのも効果的です。かかとの真ん中あたりにありますので押してみましょう。

今日の秋晴れの空のように、皆様が健やかな毎日をお過ごし頂けますように

読んで頂きありがとうございました。(^-^)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

PAGETOP