茨城県常総市,つくばの鍼灸アロマ治療院、内野山鍼灸治療院のホームページです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 頑固な痛み何とかしたい!

頑固な痛み何とかしたい!

厚生労働省によると、慢性的に体の痛みなど不調がある人の割合は、次のようになっています。

※ 人工1千人あたり。 2016年国民生活基礎調査より

男性               女性

 腰痛      91.8人    肩こり    117.5人

 肩こり     57.0人    腰痛     115.5人

 せき・たん   50.5人    手足の関節痛  70.2人

 鼻づまり・鼻汁 49.5人    体がだるい   53.9人

 手足の関節痛  40.7人    頭痛      50.6人

不調の多くは、慢性的な痛みで、男性は腰痛が多く、女性は肩こり腰痛が多くの割合を

占めている。大阪の早石病院で疼痛医療センター長の三木先生によると、3ヶ月以上続く

「慢性」の痛みは脳を含めた神経システムがより関係しているそうです。

現在、何らかの慢性痛に悩む人は約2700万人います。

慢性の痛みで1人が病院に払う医療費は月に3~4千円、実際かかる医療費はその十倍。

全体で本人や家族が仕事を休むことによる経済的損失は約2兆円に上る。

60代~80代より、30代~50代の方が痛みが多く、地方より都会、農家より専門職が

多いそうです。慢性痛は、体の疲れそのものより脳が影響していると言われています。

ですから、痛み止めの薬が多く使われます。まさに、脳が感じないように止めておくのです。

そこで、安静よりも体を動かすことがいいとされているのですが、進んで自発的にできる人はいいのですが、

「運動しなければ・・・。」、「体操を続けなければ・・・。」と義務感で行うと、ストレスとなり脳への

影響もマイナスになってしまいます。

では、どうしてたらよいか?

運動でなくとも、脳内にドーパミンという快感(心地いい)を感じる物質が出れば痛みが減っていきます。

好きな音楽を聞いたり、楽しく食事をしたり、買い物をしたり、人によって様々です。

ただそれでも、なかなか痛みが改善しないことも多いようです。

もう一つドーパミンを出させるものに、はり灸があります。

人間の体に、はりやお灸をすると、その刺激は脳へ伝わりドーパミンやセロトニンという物質が

放出され、自己免疫力が高まり体を正常な状態に近づけてくれるのです。

まずは、頑固な痛みをはり灸で和らげ、楽になったところで好きなことを楽しんでみるといいのでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGETOP